ロゴ
HOME>記事一覧>人材配置に困ったときにはタレントマネジメント機能!

人材配置に困ったときにはタレントマネジメント機能!

女性

最適な人材を配置するメリットとは

会社組織では、人材配置は当然行われています。しかし、その配置が適切でなかったとしたら、業績をアップさせる事は難しいでしょう。無口で口下手の人間を営業に配置しても成果は期待以下になります。人それぞれに向き不向きがありますから、適材配置を行うえば仕事の効率は上がり、その社員のやりがいも生まれるというものです。

模型

タレントマネジメント機能を使えば良い人材配置ができる

タレントマネジメント機能は、社員が持つタレント(資質・才能)情報を一元管理し、戦略的な人事配置や人材開発を行うことを指します。単なる人材配置ではなく、その社員が持つパフォーマンスを最大限に引き出せるような、戦略的人材配置や教育などの取り組みを行います。こうすることで、その社員のモチベーションを高揚させ、やりがいのある仕事として取り組ませ、良い人材として将来的なリーダが育てられます。

業者に依頼してタレントマネジメント機能を導入する時の流れ

CASTING

導入体制の整備

タレントマネジメントを実施する前に、経営陣の理解と人事担当者の果たすべき役割を明確にし、タレントマネジメントの導入に最適な体制を整備します。また、自社の経営戦略の中で「即戦力として活用できる人材」、「長期的に成長可能性がある人材」を設定します。

人材データの整備と分析

次に人材データの収集を行い、部署に最適な人材を探します。データを整理・分析して正確に把握する作業ですが、複雑に交錯したデータを洗い出して整理を行い、高精度で取り扱いやすいものに加工・整理します。大規模組織ではこれに多くの時間を要します。

マネジメントの計画策定

人材戦略上で必要なものに、「既存人材の育成」と「新規人材の獲得」の二つが存在します。これは企業毎に異なり、精密で総合的な判断が求められます。また、人材を育成する上で欠かせない教育システムも採り入れなければなりません。

タレントマネジメントの効果測定と見直し

タレントマネジメントを行ったならば、直接的な影響が見えにくい効果の測定が必要になります。その為に事前に効果指標を設定しておきます。タレント対象社員へのヒアリング、個人成績やプロジェクトの成果分析なども評価します。効果が低い場合はその原因を追及して改善策をたてます。

広告募集中